ウメのことなら何でもわかる
おいしい梅干を作りたい人は必見です! 梅干料理満載!! すごいぞ!梅干パワー ウメにまつわるお話です! 最新イベント情報です。参加してね。 皆様からのご意見お待ちしております。 ウメウメネットのお友達です。
ウメちく うめうめねっと
梅林や梅干の歴史、種類などを紹介します.
そして、紀州の梅干屋がおいしく梅干を漬けるコツ
を伝授します。おいしい梅干を作りたい人は必見!
梅図鑑 梅と和歌山 梅干屋が教える梅干の漬け方 サイトマップへ
梅干屋が教える梅干の漬け方
梅干の作り方(3) 梅カレンダー 保存方法 Q&A
博士の一言
美味しい梅干になるまで後一歩!もうひとがんばりだ。
できあがった梅干の感想など聞かせてくれたら、博士は嬉しい! 投稿はコチラから。
シソ漬け梅干
材料
塩漬けした梅 ・・・・ 2kg
赤ジソ    ・・・・・・・200g(梅の10%)
自然塩   ・・・・・・・ 40g (赤ジソ20%) 
(1)
赤ジソは先に塩漬けした梅の梅酢が上がったのを確認してから用意し、丁寧に水洗いをする。 十分に水けをきること。
(2)
十分に水けが切れたら、葉をつけ根から摘み取り、ボールに入れる。
塩の2/3の量を全体にふって軽く混ぜる。全体に塩がなじんできたら、手で軽くもむ。
(3)
もんでいくと、濃紫色の汁(アク)がでるので、シソをギュと搾り、アクを捨てる。
そのときにシソにもボールにも、水けを
(4)
搾った赤ジソを、傷をつけないように、指の腹で丁寧にほぐし、ボールに入れる。残りの塩を入れ、指の腹で押すように、もう一度もむ。
またアクがでてくるので、搾って捨てる。
アクは十分にとること。
(5)

ギュッと搾って水けをとった赤ジソは、ほぐしてボールに入れ、梅漬けの容器から取った梅酢を入れる。梅酢の量は塩もみしたシソを手で押してしみ出るくらいが目安。
葉を傷つけないようにもむ。
赤ジソは美しい紫紅色になる。

(6)
赤ジソを一枚ずつ広げながら、梅の上にのせていく。
赤ジソが梅酢に浸るように、できるだけ平らにする。
また、ボールに残った、5の梅酢も加える。
(7)
再び、落し蓋、その上からこれまでの半分の重量の重石をのせ、上から透明なビニールや紙等で覆い、 風通しの良い冷暗所に置く。 土用(7月20日頃)まで待つ。
土用干し
(1)

土用(7月20日頃)の晴天の続きそうな日を選び、梅をざるに広げて干す。
(2)
3日程度で梅を裏返し更に3日程度天日で干します。
※梅を一粒ずつ離して広げること。又、上記日数は参考ですので梅のサイズや天候で加減をして下さい。
博士
何故7月20日頃に行うかというと・・。
この頃は太陽の日ざしがもっとも強く、天候も安定しているからなんじゃ。
その効果は
(1)風味が増し、長く保存できるようになる
(2)鮮やかな色になる
シソと梅酢も日に当てる
といいよ!
このページのトップへ 表紙へ
前のページへ 次のページへ